腰痛の人でもできる21のダイエット方法

スポンサードリンク

食生活の見直しには9の方法があります

腰痛の原因の一つとして体重が増加することがあります。
腰痛の人でもできるダイエットの方法は次のとうりです。

 

食生活の見直しには9の方法があります
1.置き換えダイエット
置き換えダイエットとは、3食の食事の内2食はカロリーを気にする事なく好きな食品を食べて、1食を低カロリーな食品に置き換えるというものです。置き換える1食は3食の内のいつでもよく、置き換える食品も自分が好きな食品に置き換えます。

 

2.低糖質ダイエット
低糖質ダイエットとは糖質の摂取を控えるというダイエット方法です。そのやり方は、お米やパンや麺等の糖質の多い食品の摂取を控えるというものです。お米等を減らした分、糖質の少ない食品を上手く取り入れる事で、空腹感等によるストレスを感じにくくする減量法です。

 

3.グリーンスムージー
グリーンスムージーとは緑の葉野菜とフルーツと水等をミキサーでスムージー状にしたジュースのことです。このジュースを飲むことで便秘の解消をしたり、野菜や果物から摂れる酵素で体の代謝を上げることが期待でき、その結果減量することができます。

 

 

4.脂肪燃焼スープ
短期間でも驚くべき減量効果が得られる脂肪燃焼スープとは?スープそのものが脂肪を燃焼させる効果があり、減量にはこれ以上無いといえるほど最適なのがこのスープです。通常ならはっきりとした効果が現れるまで時間がかかりますが、野菜を中心としたこのスープならそれほど時間がかからず、減量効果を期待できます。

 

 

5.プチ断食
プチ断食をすると内臓を休ませることができ、その分体の代謝機能を活発にすることができます。すると胃や腸がスッキリし、便秘解消や美肌効果も期待できます。脂肪を燃焼する効果も高まり、結果減量することができるでしょう。

 

 

6.レジスタントスターチ
でんぷんの中には水に溶けず消化されにくいレジスタントスターチというものがあり、食物繊維と似たような働きをします。レジスタントスターチを摂取すれば、便秘の解消、そして善玉菌の活性化、カロリーの抑制などが減量効果を期待できます。

 

 

7.8時間ダイエット
1日のうち8時間内しか食べられないので自然と1日2食となり摂取カロリーが減ります。また何も食べない16時間は胃腸が休まり消化器官が正常化し、便秘も解消されます。

 

 

8.おにぎりダイエット
おにきりダイエットとは、おにぎり以外の炭水化物を食べない方法になります。ですからうどんやパンはNGです。おにぎりだけ食べて、余分な食べ物をあまりとらず、体質改善することで減量を目指す方法です。

 

 

 

9.,ホットヨーグルト
ヨーグルト温めることでの有効成分の吸収がよくされ、腸内環境もよくなり、便秘にも効果があります
メタボリックの画像

 

10.過度な食事制限はリバウンドにつながる

 

 

11.食事をする時間

 

12.咀嚼ダイエット
噛む回数を多くすることで唾液が多くなり、すぐに満腹中枢に指令が行き渡ることで、食べすぎにはならない効果があります。

 

13.お酒を控える

 

14.運動療法
水中ウォーキング
ゆっくり筋トレ

 

15.正しい姿勢を意識する
正しい姿勢を意識すると、内臓も正しい位置に戻り代謝が上がるので、脂肪燃焼することができ痩せられます

 

16.睡眠時間
1日のトータルの睡眠時間が短い人ほど、身体のホルモンバランスが崩れ、太りやすいようです。睡眠時間はできるだけ確保できるように心掛けましょう。理想的な睡眠時間は7時間が目安と言われています。

 

17.水分補給
減量をするなら、まずは基礎代謝をあげるために水分補給が大切。また便秘にならないためにも水を摂取しましょう。めぐりの良いからだを目指すことが減量には不可欠です。

 

18.ストレスを軽減する

 

19.疲労

 

20.規則正しい生活を送る

 

21.呼吸法
腹式呼吸

スポンサードリンク